ニコレットで禁煙プログラムを作る

現在禁煙を行う際の手段として挙げられ易いのがニコレットを使った禁煙プログラムです。
ではこの禁煙プログラムをどうやって行っていくのかというと、それには2つの事前準備が必要となります。
1つは当然ニコレットガムを用意する事なのですが、もう1つは禁煙プログラムを行うにあたって大変重要な物である絶対禁煙するという意志を固める事となっています。
これが何故重要なのか説明すると、それは煙草を止められない大きな理由のニコチン依存症という薬物依存症にあります。
このニコチン依存症は身体的にも心理的にも依存していく事になる症状なのですが、通常は禁煙等でニコチンが抜けるに従いイライラや集中困難等のニコチン離脱症状も引き起こしてしまいます。
ニコレットにはこのニコチン離脱症状等の身体的依存から来る症状を和らげる効果があり、これによって依存症に勝つかどうかの最後の決め手が本人の強い意志となるのです。
これ等の禁煙プログラムを行っていく為の準備が出来たらさっそく行っていく事になるのですが、この禁煙プログラムの内容は禁煙開始日から吸いたいと思った時に、ニコレット1個を30分~60分間掛けて噛んでいく行為を行っていく単純な物となっています。
この行動を吸いたいと思った時の度に行っていき、煙草を吸いたいと思う回数を段階的に減らしていく事で煙草を止めて行く事になるのです。
しかし前述のニコチン離脱症状は1日に吸う本数が多くなる毎に症状が重くなる物となっていて、この重さの度合いによって治るまでの期間及び禁煙プログラムに必要なニコレットの数が変わっていく事になります。
そのプログラム期間と必要ニコレット数は目安として20本以下と21~30本、31本以上で変化していく事となり、それぞれの内訳としては20本以下の場合は約8週で5~10個、21~30本の場合は約10週で10~19個、31本以上の場合は19~31個となっています。

ページの先頭へ戻る